大事な友人の糖尿病をなんとか治す方法がないかさがしまくる「純炭粉末 きよら」

大事な友達が糖尿病になってしまったと落ち込んでいます。しかもなんと!友達は医者。整形外科でオペが多くとても忙しく病院に寝泊まりする人が多いのだそうです。冬になると、外来患者さんは通常の3倍に増えて股関節が痛いとか肩が痛いとかでお年寄りで溢れてしまうようで診察が終わるのがだいたい午後2~3時になってしまうそうです(受付は午前のみ)。それからすぐにオペなどに入るそうです。

同級会や仲のいい友人の集まりにも滅多に来なかったけれど、5人で集まった飲み会で糖尿病だと聞きました。血糖値が400を超えてしまったそうです。
お酒も一滴も飲まないし、たばこも吸わないのに…
とても信じられません。友達は、学生時代はサッカーをやっていて本当に元気でした。それにしても41歳で糖尿病なんて気の毒でなりません。不摂生な生活を強いられたのは仕事が忙しくて強制的にそんな生活になっていたのに。
朝は、起きるのが本当にだるくて困っていたと言っていました。

そこでいろいろ「これを試したらよくなった!」という口コミをさがすことに。やっぱり医者でも自分のことになったら病院を受診するのではなく世の中にある同病者の本当の口コミなんだなぁ~と改めて思いました。
念のためにプリントアウトして渡したけれど…友人もうさんくささが気になる…と言っていました。医者なのだからそれがいいか悪いかは、直感的にだいたいわかると言っていました。

その中で友達も興味をもってくれたのが「純炭粉末 きよら」という製品。

食品中のAGEも糖尿病の合併症を進行させるに書かれていますが、

AGEは食品中にも含まれています。高温で加熱調理した褐色の食べ物のほか、清涼飲料水や乳酸菌飲料などが該当します。簡単にいうと、食品に含まれるA G E は〝おいしさのもと〃です。これまで問題視されてきませんでしたが、食品由来のAG Eも糖尿病合併症の大敵であることが明らかになってきました。

あたりが原因っぽいと言っていました。

手術が多くて食事がちゃんととれないから甘い清涼飲料水でカロリーを摂っていたと言っていました。糖尿病というと甘いものを食べたり、油っぽいものを食べるとなるイメージですが、体の疲れや睡眠不足、そしtAGEなども原因になると言っていました。

漢方と併用してみるかな?と言っていました。少し仕事の量を減らして睡眠をとれるように考えると言っていましたが、とにかく心配。なにかチカラになってあげたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です