酢たまねぎのレシピ

酢たまねぎが大ブームです。身近な材料ですぐ作れ、手軽に食べられることや、効果を実感しやすいことから、改めてそのよさが見直されているのでしょう。そこで、降圧剤を使っても下がらなかった血圧が下がったり、血糖値が下がり、インスリンが不要になる、ダイエット効果などさまざまな効果が報告されています。

酢たまねぎは、高血圧以外にも中性脂肪やコレステロールなどの値も改善されています。

材料

  • たまねぎ(1個)
  • 塩(少々)
  • 酢(適量)たまねぎが浸るくらいの量
  • はちみつ(適量)好みで増減可能

500mlの瓶で作った場合の目安。

作り方

酢は、リンゴ酢、米酢、黒酢など醸造酢であればどれでもOK。

  1. たまねぎは皮をむいて半分に切り、薄切りにする
  2. スライスした1のたまねぎをさっと1~2分程度水にさらす
  3. 2の水気をきって塩を振りかけよう混ぜる
  4. 3を密閉できる容器に入れ、たまねぎが浸るくらいまで酢を入れる
  5. はちみつを少量のお湯でとかし4に加えて混ぜる
  6. 5を密閉し冷蔵庫で保存。1週間~10日は日持ちする
食べ頃

漬けてから2時間ほどで食べられるが、数日つけ込んだ方が味がマイルドになる。

食べる量の目安

1日のうちに朝と晩の2回、食事時に50~60gを食べるのがおすすめ。
漬け酢も一緒に飲むといい。1回目の目安は、さかずき1杯(10~20ml程度)

酢の量を減らしたい

酢の量を減らしても酢たまねぎを作ることができます。sの場合、通常の作り方と比べて酢の量が減るので、酢の効果は多少減ります。酢の量を減らす場合には、1日に1~2回びんをよく振ります。たまねぎと酢がよく混ざるようにするためです。

食事の最初に食べる「酢たまねぎ」のたっぷり有効成分がしっかり効く、高血圧、糖尿病、高脂血症、便秘、動脈硬化などなど
http://more-supplement.info/use/archives/1330

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です