高知県の特産品、柚の種にアトピーを治す効果がある

高知の友人と20年ぶりに再開してホントに時間を忘れてよくしゃべりました。お互い、仕事のことでこれでもか!っていうぐらいしゃべり通しました。
お互い、年1回の年賀状だけのやりとりになって20年、ホントに久しぶりに会ったけれど、中身は全く変わっていなくて楽しくてあっという間の1日でした。

高知県は柚の生崖量日本一なんだそう。柚って多分、それほど口にしないけれど、柚ドリンクをはじめ、ぽん酢やドレッシング、柚こしょうやジャムなどは、たまに耳にしますがどれも高知の特産品。
前に、松阪牛のステーキを柚コショウで食べてあまりにおいしくて感動したことがあります。

最近、食品を加工するエ程で廃棄されていたユズの種子に健康効果があることがわかったのだそうです。柚と同じ柑橘類である温州ミカンには、フラボノイドやカロテノイド、クマリンやポリメトキシフラボノイドといった機能性物質が豊富に含まれています。骨粗鬆症の予防効果や美容効果などがも。

花粉症に「じゃばら」が効いた!!抗アレルギー成分のナリルチンが温州みかんの19個分、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが改善
https://www.supple-e.net/%e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87%e3%81%ab%e3%80%8c%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%b0%e3%82%89%e3%80%8d%e3%81%8c%e5%8a%b9%e3%81%84%e3%81%9f%ef%bc%81%ef%bc%81%e6%8a%97%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc/

最近だと温習みかんは花粉症にかなり効果があるとネットで見た!というと友人はやっぱりネットの力ってすごいなぁ~と連呼。仕事でもプライベートでもPCは一切使わない生活だというから驚いた。
ガラケーのメールしか使わないというのでさすがに今回の一番の驚きでした。

一方、柚の成分に特化した機能性の研究はまだまだ少ないそうです。特産品として知名度をあげた柚に対して種子は廃棄されるだけでもったいない。から研究はスタートしたようです。

柚種子からオイルを抽出することに成功すると、大学と共同で機能性の研究を開始。その結果、柚種子オイルにはアトピーによる皮膚の炎症やかゆみを抑える働きがあることがわかってきたのです。アトピーの原因として、「皮膚のバリア機能の低下」「免疫機構の異常」という2つが挙げられます。
具体的には、バリア機能の低下で肌の水分が蒸散すると、アレルゲンや細菌など外部からの刺激が加わりやすくなります。免疫バランスの乱れも、皮膚の慢性的な炎症を引き起こす一因となっています。
妹がアトピーで美肌精油ジェルというスキンケア商品を使っているのですが、アトピーの原因については同じようなことが記されています。
美肌精油ジェルについてhttps://www.cause-reason.info/bihada/2016/03/post.html

実験には、アレルギー性皮膚炎のモデルマウスを使用。柚種子オイルを1日1回塗る群、塗らない群に分けて、患部の様子を観察するという比較試験を行ったのです。

かゆみの原因物質を退ける

柚種子オイルを塗らなかった群では、皮膚の乾燥や角居見化が起こり、浮腫や軽度の出血が確認されました。それに対し、柚種子オイルを塗った群は、症状が軽症ですみました。皮膚スコアというデータを取りまとめたところ、有意差も確認できました。

有意差とは、統計的に意味のある違いのことです。試験開始から25日後には、患部の組織検査を行っています。柚種子オイルを塗らなかった群では、組織の肥厚と病巣周辺に白血球が浸潤する免疫反応が見られましたが、柚種子オイルを塗った群では正常な組織の状態が維持できていました。

細胞レベルの実験では、柚種子オイルが「ヒスタミン」というアレルギーの原因物質を抑制することもわかっています。柚種子オイルは保湿力も優れているので、アトピーのほかにも、老人性乾皮症という皮膚の乾燥を和らげる働きも期待されています。
老人性乾皮症はこちら。
https://healtdiary.wordpress.com/2016/07/11/%e5%86%ac%e3%81%ab%e3%81%b2%e3%81%a9%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8b%e8%80%81%e4%ba%ba%e6%80%a7%e7%9a%ae%e8%86%9a%e6%8e%bb%e7%97%92%e7%97%87%e3%81%af%e3%80%81%e5%a4%8f%e3%82%82%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%82%92/

オイルの原料となる柚の栽培には、化学系肥料や農薬を使わない有機栽培法が行われています。

これを農薬を使った方法で栽培してしまったらアトピーに対する効能や効果も薄れてしまうのだと思います。
友人も強く主張していましたが、日本は大量生産に向かないのでこういった価値のあるものを少量作るのが性格的にも環境的にも合っているのだと。
話を聞けばその通りだと納得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください