セラミドとコラーゲンが美肌には必須

30歳はお肌の曲がり角などといわれ、30歳を過ぎた女性社員の話題の中心は「美肌」について。女性も20歳代前半からもう皮膚の状態に強い関心を持っている印象です。それと同時「美肌」に関連する研究費をつぎ込んで、さまざまな化粧品から関連商品を作っています。

同時にユーザーの肌についての知識もかなり高度なものになっているようです。

さらにこれらの化粧品に効果があるらしいことは、60歳代の女優の肌の美しさを見ればよく分かります。女優だけではありません、一般の主婦、働く女性なども非常に若々しくなっています。一時期は「美魔女」ブームでしたがあれはやりすぎではないかと感じました。

皮膚は真皮と表皮に分かれます。表皮は下層に核のある表皮細胞があり、上層にいくにしたがって核を失い、最上層には薄い膜のような組織が体を覆っているような形になっています。表の細胞は最下層の紳胞が分裂し、次第に上層に移っていき、核を失って、最後ははがれていくのです。離れしがいあかた細胞の死骸が垢です。

皮膚 がしっとりとした潤いを保つのは、水分が蓄えられているからです。真皮にはコラーゲンがあり、それをエラスチンというタンパクがつなぐような形をしています。コラーゲンの役割は皮膚の形を保ち、そこに栄養、水などが維持できるようにすることと、真皮の細胞を刺激し、線維芽細胞からコラーゲンをさらに作らせることです。じっは体の全タンパク質の中の40%がコラーゲンです。その40%が皮膚に存在し、皮膚の㈱形を維持し、栄養の補給などを守っているのです。

さて、もうひとつの構造がセラミドです。角質層の細胞は体を覆い、しかもそこからの水分の蒸発を調節しています。この部分が異常になると、水分を維持できず、肌はカサカサになつてしまうのです。角質細胞の膜の間にはセラミドが存在します。セラミドは脂肪の一種で、スフィンゴシンという構造に脂肪酸がついたような形をしています。

ひとつの脂肪酸は飽和脂肪酸、つまりパルミテン酸やステアリン酸です。もうひとつは不飽和脂肪酸で、オレイン酸がもっとも多いでしょう。つまりお肌を美しくするには脂肪の摂取が必要なのです。細胞の間にセラミドがあると、ここに水が維持されます。つまり水の蒸発を防ぎ、肌がカサカサにならないようにしています。老人性乾皮症という病気がありますが、これは皮膚のセラミドが非常に少なくなった状態で、いわゆる年寄りの肌特有のザラザラした肌になるのです。

その原因はセラミドを壊す酵素が多くなるためといわれています。アトピー性皮膚炎の場合には、皮膚のバリアー機能が低下していて、外界のいろいろな物質が皮膚に入り込み、ここで炎症反応を起こすためとされています。

アトピーのときには皮膚がかゆくなるので、爪で掻いてしまいます。すると角質が壊れて、その下の層が露出し、ますます炎症が増すのです。掻くのを我慢すると、アトピーの皮膚がきれいになることも知られています。

アトピーの場合もセラミドが減っているのです。このように、皮膚に水分を維持し、なめらかにすることは、肌の美しさを保つのと同じことです。ですから、皮膚のセラミドとコラーゲンを減らさないことが美肌を保つ上で絶対に必要なことです。最近では皮膚にコラーゲンまたはそのペプチドを塗るとか、セラミドの入ったクリームを塗るというようなことがされますが、それはコラーゲン、セラミドを減らさないようにするためなのです。

実際、スキンケアの基本である洗顔もここまで徹底したら肌に高級な化粧水が不要だとも言われていますがどうなんでしょう?

Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください