ミネラルウォーター VS 水道水

最近では、多くの人がペットボトルに入った水やお茶、その他の飲料を飲んでいます。少し前になりますが、ある政治家が高価な還元水を飲んでいたとして、議論を巻き起こしました。本当に飲んでいたかは定かではありませんが。

多くの人は水道水を飲むのに抵抗があるとして、ミネラルウォーターを購入します。実際、ご飯をミネラルウォーターで炊いている家も少なくありません。また「●●水」などという水もよく売れているようです。

ミネラルとはナトリウム、カリウムのように水に溶けている微量元素を指します。ミネラルウォーターとは食品衛生法によると「水のみを原料とする清涼飲料水」とされています。1990年、農林水産省は処方によりミネラルウォーターを4種類に分けるガイドラインを出しました。「ナチュラルウォーター」とは沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理をしていない水です。

ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターの中でも、ミネラルが天然状態で溶け込んでいる鉱水、鉱泉水などをいいます。
ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターを原水にして、これにミネラルなどを人為的に加えた水
ボトルドウォーター
3種類以外で、処理方法の限定がない飲用水のこと

このガイドラインによれば、どんな水でも、飲める水であるならボトルドウォーターとして販売できることになります。

さて水に含まれるマグネシウムとカルシウムの量の合計を水の硬度といいます。日本では1リットルに100ミリグラム未満を軟水、それ以上を硬水といいます。沖縄を除く日本の水はほとんど軟水です。日本人は軟水を飲みなれているので、硬水を飲むと苦いと感じる人が多いようです。

ではミネラルウォーターに含まれるミネラルを飲んでいれば、私たちが必要とするミネラルを摂ることができるのでしょうか。じつはミネラルウォータ一に含まれるミネラルは少量なので、不足したミネラルを水だけで補給することは不可能です。

やはり食べ物で摂る以外にはありません。また健康によいとうたう水も多くあります。水の分子がお互いに強く集合している水を「クラスターが大きい水」といいます。もっともクラスターが大きい状態が氷です。氷になれば水は体の組織に入ることはできません。そこで水がバラバラ、つまりクラスターが小さい水ほど、組織に入りやすいといわれます。ところが現在、クラスターを測定する方法ははつきりしていません。ですから「この水はクラスターが低い」などとはいえないのです。

次によく開くのはアルカリイオン水です。生体のpHは7.4くらいで、弱アルカリです。これが糖尿病などのときには酸性になります。酸性になると代謝にも異常が起き、血流も阻害されます。そこで、アルカリに保つ水を飲めば健康になるといわれているのです。アルカリイオン水は、胃酸過多などの場合に酸性を中和する作用があると考えられました。そこで1965年に当時の厚生省はアルカリイオン水の効用を「飲用して制酸、胃酸過多に効用がある」として薬事法で承認したのです。ところがアルカリイオン水のアルカリ度は低く、胃酸を中和するには大量のアルカリイオン水を飲まなくてはならないということで、効果は疑問視されています。海洋深層水もブームです。光の届かない深海では植物性のプランクトンによる光合成が行なわれていないため、窒素やリンなどの成分が海水に残るといわれていす。

ところが海洋深層水を飲料にするには、塩分を除かなくてはなりませ州ん。この作業の間に多くのミネラルが失われ、実際には中に何が入っているのか分からないということです。

市販されているナチュラルミネラルウォーターと水道水の成分を比べています。あるミネラルは水道水の方が多く、別のミネラルはナチュラルミネラルウォーターの方が多いといった具合で、健康にはどちらがよいかは分かむないのです。

今さら聞けないミネラルウォーターの知識はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください