糖尿病は食事より運動で血糖をコントロールするのが正解

糖尿病は、肥満者だけに起こる病気ではなく現代人の生活では誰もがかかる可能性があります。特に、ストレスがあると副腎皮質からコルチゾルが分泌され、血糖値が常に上がっている状態になります。これが続くとインスリンだけでは抑えられなくなります。
つまり、糖尿病になるのです。

また、脳はブドウ糖以外をエネルギー源として使うことができません。ですから、もしブドウ糖の摂取量が異常に低いと、脳は体の細胞がブドウ糖を使えない、つまりインスリンに反応しない状態を生み出し、脳にブドウ糖を確保しょうとします。
細胞をインスリン抵抗性にするのです。これは糖尿病ということです。細胞はインスリンがないとブドウ糖を取り込めません。ところが筋肉だけは、運動するとインスリンがなくてもある程度ブドウ糖を取り込めるのです。
糖尿病の患者がインスリンを注射して運動をすると血糖値が下がりすぎるのはこのためです。

肥満者が糖尿病になりやすいのは、肥満すると脂肪細胞からインスリンの効果を高めるアディポネクチンが出にくくなり、逆にインスリン抵抗性にするレジスチンやTNF-α などを出すからです。その結果血糖値が高くなり、糖尿病になるのです。

しかし、最近の研究では太っていても運動をすれば糖尿病になりにくいことが示されています。

例えば、2000年のテキサス大学の研究では、運動を激しくする人の糖尿病になる率は年1000人あたり2人弱なのに対して、あまり運動をしない人の糖尿病の発症率は6人くらいです。つまり、運動をしない人は、運動する人に比べて糖尿病の発症率が3倍になるのです。

また、フィンランドの研究では、5歳前後の男女の糖尿病になる率を調べました。すると、1週間に1時間以下の運動をする人に比べ、1~2.4時間の人では危険率が60%になり、週計・5時間以上の運動をする人では550%強の危険率になりました。

さらに、l 週間にl時間以下しか歩かない人に比べ、1~2.4時間歩く上人の糖尿病の危険率は50%くらい、2.5、糖尿病の危険度と運動、肥満の関係が示されています。もちろんBMIが25以下でよく運動をしている人の糖尿病の危険率は非常に低いのですが、この危険率を1とすると、運動をあまりしない人の危険度は3くらいになっています。

BMIが25~29.9の人の場合によく運動をしている人の糖尿病の危険度は2くらいで、BMIが25未満であまり運動をしていない人に比べると糖尿病になる率は30%くらい低いのです。また、もっとも肥満の人たち、つまりBMIが30以上の人でも運動をよくしていれば、正常のBMIで運動をしない人と同じくらいの糖尿病の危険率になるのです。

もちとん、運動メインでコントロールするのが適切ではありますが、日頃の食習慣も大変に重要です。糖尿病の血糖コントロールは食事療法と運動療法の2本立てが基本です。
お酒を飲む人はこちらも参考にするといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください