にんにくのパワーについて 本当に強壮・精力アップに役立つのか?

ちょっと仕事の関係から「にんにく」は本当にスタミナが回復するか?という疑問がわいてきて20数名のスタッフの誰もが「なんとなくスタミナがつきそう」「元気がでそう?」「精力がつくって聞いたことがある」みたいな誰もが「?」「イメージ」「噂」程度の認識しかありませんでした。

これで本当に医療従事者と言っていいのだろうか?そんな自己嫌悪と重ねてとにかく気合いで検索。いろいろ出てくるけれど、本当ににんにくに元気の源があるのでしょうか?

これは、健常者のための「にんにく情報」ではなく、日頃、体力や抵抗力が落ちている透析患者さんに向けた情報なので正しい情報で役立つ情報でないと意味がありません。そこで真剣モードで情報収集。

古来よりニンニクには強壮作用があるということは、世界中で経験的に知られていたことです。ところが最近になって、その作用が科学的に解明され、まさにニンニクは滋養強壮効果の高いことが、明らかになりました。

古代エジプトではピラミッド建設の労働者にニンニクを支給して苛酷な労働をさせ、また禅寺の修行僧には煩悩を乱すからとニンニクを食すことを禁じた、といういくつもの逸話を残したニンニクの強壮効果には科学的な裏付けがあったわけです。

「ニンニクは滋養強壮食品」という男性的なイメージも、近年少しずつ変わりつつあります。ニンニクはスパイスの仲間、健康食品とみなすことで、多くの女性たちにも親しまれ、食されるようになってきたからです。

効能的なことは、臨床実験の結果、ニンニクはホルモン分泌の成長促進ばかりでなく、生殖細胞を増大する作用があり、その際に副作用はない、と実証されました。また、ホルモンの分泌作用は更年期障害にも効果的です。強壮・精力アップに、ニンニクの有効成分は次のはたらきをします。

  1. 性腺ホルモンや成長ホルモンの生産を活性化し、生殖から体全体にかかわる内分泌腺の分泌を促進します
  2. アリチアミンは神経組織を刺激してアセチルコリンの分泌を促し、運動筋肉に興奮を与えます。
  3. ニンニクに含まれるアミノ酸のリジンは精液を増加して精子の動きを活発にし、精子の数も増やします。
  4. 末端血管拡張と血行の良化は自律神経を安定させ、性的不能を回復させます。

この暑さでだいぶ食べられない透析患者さんがいてここ数日何人も血圧が高くDWを下げる患者さんが増えています。にんにくパワーで元気をつけてもらいDWが下がってしまった患者さんは早く体重が戻るように工夫したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください