赤い星と青い星

たまに夜、外出をして星空を見上げると、星には、青白い星と赤い星がある。なぜだろうか?火星や金星など、地球にごく近い星をのぞくと、星の色はその星の温度によって決まる。普通の物体でも、一般的に高温で燃えているものは青白く、温度が比較的低いものは赤く見える。

たとえば、ロウソクの火は温度が低いので赤みを帯び、温度の高い溶接用の酸素煩は青白い。星の場合は、スピカのように青白い星は表面温度は2万度に近くシリウスやアルタイル、ベガのように白い星は1万度、アークツルスや太陽に黄色い星は6000度あまり、アンターレスやペテルギウスのような赤い星は3000度だそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください